セミョーン・ビシュコフ(1952年-)

 N響定期公演の登場:5回(1667-69, 1752-53)

 サンクトペテルブルグ生れ。1973年ラフマニノフ指揮者コンクール優勝。翌年米国移住。1983年市民権獲得
 1985-89年:バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督。
 1989-98年:パリ管弦楽団音楽監督
 1997-:ケルンWDR交響楽団首席指揮者
 1998-2003年:ザクセン州立歌劇場首席指揮者

日時 作曲家 作品名 独奏者
2010/2/6 1664 ショスタコーヴィチ 交響曲第1番へ短調作品10
ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」
2010/2/12 1665 ワーグナー 楽劇「トリスタンとイゾルデ」より「前奏曲と愛の死」
マーラー 交響曲第5番嬰ハ短調
2010/2/17 1666 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18 アレクセイ・ヴィオディン
チャイコフスキー 交響曲第4番ヘ短調作品36
2013/4/19 1752 ヴェルディ レクイエム マリオ・ボブラフスカヤ(S)/アニタ・ラチヴェリシュヴィリ(MS)/ディミトリ・ビタス(T)/ユーリ・ヴォロビエフ(Bs)/新国立劇場合唱団(Cho)
2013/4/24 1753 デュビュニョン 2台のピアノと2つのオーケストラのための協奏曲「バトルフィールド」作品54(2011)(日本初演) カティア&マリエル・ラベッグ(pf)
ベルリオーズ 幻想交響曲作品14
 
更新日:2013年6月24日
 
N響のページTOPに戻る
 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー