勝ち運負け運

さわりの紹介

 隣り同士の僕と菊太郎君は妙な因縁だ。凡そ仲の良い友達といっても、僕達二人のようなのは類があるまい。三十余年間、始終一緒だった。学校も一緒、商売も一緒、何方か病気をしない限り、毎日顔を合せて来ている。同業のものは僕達のことを御両人と呼ぶ。僕も菊太郎君もそれに異存は毛頭ない。
「羨ましいね、御両人は」
「若旦那同志のお神酒徳利だ。そのままじっとしてならんでいさえすれば、今に時節が廻って来る」
「男は好いし、金はあるし、御両人は兜町切っての果報者だよ」
 こういう評判も有難い。しかし、
「御両人は何方だろうな?結局」
 と言われると、僕達は胸の鼓動が高まる。お互いに負けまいという気がある。御両人はそれを常に意識していながら、隠し合っている。特別に親しい同志が何かにつけて張り合うのは真に厄介なものだ。
 手近い例を挙げれば、一緒に銀ブラをして、カフェーに入るとする。女給達が二人を取巻く。兜町の若旦那は会社員や新聞記者とは違った香がするのらしい。僕は特別に女が好きという次第ではないが、一番綺麗なのに目を留めて、其奴がどれくらい菊太郎君に好意を持っているかを考えて見る。当り前なら構わない。しかし目に余るようなら、翌晩単騎遠征を試みて、更に一層の好意を此方に示させる。御苦労な話だけれど、そうして置かないと気が済まない。ただし初めての家なら、当然僕の方が余計注意を惹くから、翌晩の単騎遠征は大抵菊太郎君の役割になる。
 僕達は競争をする運命を持って生れて来たのらしい。二人は共通点があると同時に、背景が似ていたから、子供の頃から好い対照になった。僕は長男で、姉が三人ある。菊太郎君も長男だ。その後妹が二人生れた。何方も男の子としては女の中の一粒種だった。それから偶然のことに、二人は同じ日に生まれている。十一月三日、天長節だった。菊太郎君の菊は菊花節の菊を利かせたものである。

薀蓄

 「勝ち運負け運」は、昭和9年1月から12月まで「キング」に連載された作品である。

 上記の「さわり」は本作品の冒頭部分。本作品は、「僕」こと金子日出男君が書いた「隣の市岡菊太郎君との交友について」の小説という形をとっている。「僕」金子日出男君は兜町の株屋、金万の若旦那。一方菊太郎君は隣の株屋、市かねの若旦那。二人とも非常に似た境遇で、同じ○○大学を卒業し、家業の株屋を継いでいる。この二人は兄弟なりがたい所があって、お互い親友なれどライバルという関係を幼少のみぎりから運命付けられていた。しかし、結局二人の勝負は五部と五部で、勝ち運・負け運それぞれ相半ばすると云うものである。

 最もこの人生双六は、両名の生まれたときから、二人がお互いの協力を得て、美人の伴侶を手中にすることが出来たか、という所まで描かれ、「友情と恋愛」という佐々木邦お得意のテーマでまとまっている。最も、小説的興趣を盛り上げる為、御両人の伴侶は、等しく美人であっても、正反対のタイプに描かれている。菊太郎君の選んだ久子さんは、ある生命保険会社重役令嬢であるが、両親とも株式市場に手を出して夢中になるような家の娘で開放的。それに対して日出男君の選んだ幽香子さんは、謹厳実直な中学校校長の娘で、株などもってのほかという家の娘。お互い見こんだ人と結婚する為に、御両人は相手の為に一肌も二肌も脱ぐのである。

 この作品もまた、非常にからっとした明るさに満ちた佳篇である。しかし、時代はこのような陽性の作品を許さなくなって来た。佐々木邦のユーモア小説が具体的に弾圧を受けたという話は寡聞にして知らないが、この作品を発表した1年後の昭和10年を境に、佐々木邦の小説の発表の場は、講談社の雑誌から、ユーモアクラブなどの機関誌に移って行くのである。

勝ち運負け運topに戻る


佐々木邦のページに戻る。 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー